マッチ・メッセージ

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)を99%交換できるタイミングを特徴別に解説!|メッセージマスターになりませんか?

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

Pairs(ペアーズ)で相手と仲を深める際に、避けては通れないのがLINE(ライン)です。

しかし、LINE(ライン)は個人情報でもあるため、「教えたくない」という方も中には存在します。

そこで、この記事では、LINE(ライン)を交換するメリットやタイミング、テクニック、注意点などを徹底解説します!

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換するメリット

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

Pairs(ペアーズ)で相手と仲良くなりたいのであれば、LINE(ライン)交換が必須です。

まずは、LINE(ライン)交換するメリットを紹介しましょう!

相手との心理的距離が縮まる

多くの方は、Pairs(ペアーズ)よりもLINE(ライン)のほうが日常的に利用しますよね。

ふだん使うもので連絡を取り合ったほうが落ち着きますし、相手を信頼させることもできます。

そのため、LINE(ライン)交換することで相手と心理的な距離を縮められるのです。

通話ができるようになる

Pairs(ペアーズ)には、2019年7月現在、通話機能が搭載されていません。

ユーザーの中には、メッセージよりも通話派の方も存在します。

会う前に通話で話をしたいな」と考える方もいるでしょう。

LINE(ライン)を交換することで、そういった相手と確実に仲を深めることができます。

万が一、退会されても連絡を続けられる

Pairs(ペアーズ)だけの関係だと、相手が退会してしまった場合、連絡を取ることができなくなります。

しかし、LINE(ライン)を交換していると、相手が退会してもブロックされない限りは連絡を続けることができるでしょう。

「この人ともっと仲良くなりたい」と考える際は、早めのLINE(ライン)交換がおすすめです!

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換するタイミング

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

LINE(ライン)交換することで、相手とより仲を深めることができます。

ただ、いつLINE(ライン)交換すればいいかわからないですよね。

Pairs(ペアーズ)で30人以上と出会った僕がおすすめするのは、『相手によってタイミングを変える』という方法です。

Pairs(ペアーズ)はさまざまな年代の方が登録していますし、婚活・恋活両方で使っている方もいます。

そのため、LINE(ライン)交換は、相手の特徴を把握した上でタイミングを変えるべきなのです。

マッチングしてその日にLINE交換OKな相手

マッチングしてその日にLINE交換OKな相手の特徴は、以下のとおりです!

  • マッチング後、LINE交換OKのコミュニティに入っている
  • 年齢層が20歳前後
  • 『出会うまでの希望』を『マッチング後にまずは会いたい』にしている

これらの特徴に当てはまる方は、マッチングしてその日にLINE交換してもOKでしょう。

ただし、年齢層が20歳前後でも、『結婚を考えられる相手と付き合いたい』など婚活に真剣な方は慎重になるべきです。

マッチングして3日~1週間でLINE交換OKな相手

マッチングして3日~1週間でLINE交換OKな相手の特徴は、以下のとおりです!

  • マッチング後、LINE交換OKのコミュニティに入っていない
  • 婚活・恋活、どちらとも判断できない

簡単に言えば、『一般的な相手』ですね。

このような相手には、最低でも3日以上やりとりを続けることがおすすめです。

デート直前がベストタイミングな相手

デート直前がベストタイミングな相手の特徴は、以下のとおりです!

  • 警戒心が強そうな相手
  • 質問付きいいね!を設定している
  • 『結婚に対する意思』が、3年以内

自己紹介文に『ヤリモクお断り』などと書かれており、警戒心が強そうな相手とはLINE(ライン)交換も慎重になるべきです。

また、質問付きいいね!を設定していたり、『結婚に対する意思』が3年以内にしていたりする相手も、「こちらを見極めよう」という思いが強いため、LINE(ライン)交換は遅らせたほうがいいでしょう。

デート直後がベストタイミングな相手

中には、デート直後がベストタイミングな相手も存在します。

  • こちらに心を開いてくれていない
  • 一度、LINE交換を断られてしまっている

このような相手には、もっとも慎重になりましょう。

特に、マッチングして2週間程度経っても敬語だったり、住んでいるところの詳細を教えてくれなかったりする相手は、デート直後に直接LINE(ライン)交換するのがベストです。

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換するテクニック

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

Pairs(ペアーズ)で相手と仲を深めるためには、LINE(ライン)交換が重要です!

ただ、LINE(ライン)のIDは個人情報であるため、「教えたくない」という方もいますよね。

そこで、ここでは、LINE(ライン)交換するためのテクニックを紹介します。

正直に「LINE交換したい」と伝える

メッセージである程度仲を深められていれば、LINE(ライン)交換を断られることはないでしょう。

そのまま「LINE(ライン)交換したい」と正直に伝えるのが、一番の近道です。

より精度を高めるなら、「◯◯さんと話するの楽しいから、LINE(ライン)交換したい」と理由を付けると、さらに印象が良くなります。

自分からIDを教える

LINE(ライン)交換する際は、LINE(ライン)交換したいと持ちかけたほうからIDを教えるようにしましょう!

なぜなら、一方的に「LINE(ライン)のID教えて」と伝えてしまうと、業者だと勘違いされかねないからです。

また、小さなテクニックですが、教える際はIDだけを別のフキダシにすることで、相手がコピー&ペーストしやすくなります。

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

「通話しようよ」と持ちかける

2019年7月現在、Pairs(ペアーズ)上では通話ができないため、「通話しようよ」という誘い方もLINE(ライン)交換で有効です。

通話することで、相手の人となりや雰囲気がわかるというメリットもあります。

見ず知らずの方と通話するのは緊張しますが、気軽に話をしましょう!

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換する注意点

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)最後に、Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換する場合の注意点を紹介します。

相手と仲良くなる上で、これらの行為はNGです!

マッチングしてすぐにLINE(ライン)交換を求める

マッチングして2~3往復でLINE(ライン)交換するのはおすすめできません。

なぜなら、「業者かもしれない」と勘違いされてスルーやブロックされる確率が高くなってしまうからです。

業者だと勘違いされないためには、最低でも7~8往復は必要でしょう。

しつこくLINE(ライン)交換を求めない

「LINE(ライン)交換はもうちょっと仲良くなってからがいい」と言われた場合、しつこく食い下がってはいけません。

こちらもやはり、業者やヤリモクだと勘違いされる可能性が高くなってしまいます。

LINE(ライン)交換を断られた場合は、「ちょっと早かったよね(^^)」と受け止め、デート直前か直後に交換するようにしましょう。

「Pairs(ペアーズ)を退会するから」という誘い方はNG

「Pairs(ペアーズ)を退会するから、LINE(ライン)交換しない?」という誘い方は、いまや業者やヤリモクの定番フレーズとなっているためNGです。

たとえ本当にPairs(ペアーズ)を退会することにしたとしても、素直に「LINE(ライン)しよう」という誘い方を意識しましょう。

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換するまとめ

Pairs(ペアーズ) LINE(ライン)

Pairs(ペアーズ)でLINE(ライン)交換する場合のまとめです!

  • LINE(ライン)交換は、相手と心理的な距離を縮められる
  • LINE(ライン)交換のタイミングは、相手によって変える
  • LINE(ライン)交換したい場合は、素直に伝える
  • LINE(ライン)交換はすぐに要求しない

LINE(ライン)交換をしてくれたということは、こちらに心を開いてくれた証拠

デートを重ねて、素敵な関係を築きましょう!

 人気のマッチングアプリPairs(ペアーズ)のダウンロードはこちら。