マッチ・メッセージ

【改善策公開】ペアーズ(Pairs)でマッチングできない理由とマッチング率を上げる方法

「国内最大級のマッチングアプリPairs(ペアーズ)でマッチングできないのはなぜ?」

今や利用者1,000万人を突破した国内最大級のマッチングアプリPairs(ペアーズ)。

毎日約5,000人が新たに登録しているのに、マッチングできないのは何か自分に理由があるかもしれないと悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

マッチングしているのは、見た目・年収等のハイスペックな会員だけではありません。

アプリの中であなたの魅力を伝えることができれば、ヒットするお相手とマッチングすることができます。

マッチングできない理由を元に、改善策を含めて解説します。

ペアーズでマッチングするには「プロフィール写真」が重要

マッチングアプリは見知らぬ男女が出会う場所なので、第一に見た目がわかりやすいプロフィール写真が重要です。

なかなかマッチングできなくて、本気を出して撮影した写真に変更したら格段に「いいね!」が増えてマッチング率が上がったというのはよく聞く話です。

ペアーズ(Pairs)ではプロフィール写真の他、足あと機能でも名前と一緒に写真が表示されます。

アプリ内の様々なところに出る写真なので、こんな写真にしている方は要注意です。

  • 顔がよく見えない写真
  • SNOW等、顔の形状が変わるくらい加工した写真
  • 散らかった部屋、汚れた鏡越しに撮影した適当な自撮り
  • 異性が隣にいると勘違いされる写真
  • 奇抜なファッション・メイクの写真

トップ画に設定している写真1枚が文章を読むか否かに関わるので、見た目より内面と思って上記に当てはまる写真にするのは御法度。

いずれも安心してやりとりを始めらないので、敬遠されがちです。

お見合い写真までかしこまらなくても、どんな顔立ちかわかりやすく、清潔感・安心感が伝わる写真を用意してください。

人気会員はプロに依頼した写真を登録している場合もありますが、自撮りや、友人等に撮影してもらった雰囲気の良い写真でも十分に伝わります。

見た目がいいに越したことはありませんが、一般的な見た目であっても素敵な笑顔や、優しい雰囲気が魅力となりますので、思うようにいかないときは別の写真に変えてみましょう。

ペアーズでマッチング率低下の原因|プロフィール文がイマイチ

写真の次に大切なのが文章です。

いいかんじの写真を使っているのに、なかなかマッチングできない時は以下に要注意です。

  • 1〜2行の超短文or作文並みに長い文章
  • タメ口でチャラい雰囲気
  • ネガティブで重たい内容
  • 上から目線で不快感がある

写真で良い印象を持ったら、次は文章で相手の内面を探ります。

長く付き合うには内面が重要です。

短文やタメ口で適当な雰囲気だと、遊び目的だと勘違いされて、敬遠されてしまいます。

逆に、長文で過去の経歴や自分自身について書き綴っても、面倒な人だと思われて気軽にいいね!できません。

「プロフィールを読んでくれてありがとうございます!
〇〇県で会社員をしています。趣味は△△です。
仕事上なかなか出会いがないので登録しました。
価値観の合う方と出会い、将来を見据えたお付き合いができればと思っています。
気軽にいいね!をお願いします。」

これくらいのボリュームで、好印象を与えられるように見てくれたことへのお礼や挨拶を入れると良いでしょう。

上の文章にプラスして、

  • 自分の仕事や勤務地
  • 休日の過ごし方

を入れてあげると、相手がメッセージの内容で困った時に触れやすかったりするのでオススメです。

丁寧すぎる文章では堅苦しくなるので、適度な敬語がベストです!タメ口は当たり前ですがNG。

Pairs(ペアーズ)には文章の他に、趣味やタバコ・お酒の頻度等のライフスタイルが表示できるので、詳しいことは各項目へ入力しましょう。

早速、ペアーズをダウンロードして実践してみてくださいね!

ペアーズで入っているコミュニティの数もマッチングに関係あり!

Pairs(ペアーズ)では、趣味、価値観、休日の過ごし方等カテゴリーの中でコミュニティが選べます。

プロフィールに選んでいるコミュニティが表示されるので、内容にバリエーションが出ます。

共通のコミュニティが多いと、楽しく過ごせそうな相手だと思われ、いいね!の確率が上がります。

コミュニティの表示が少ないと、プロフィール自体が手抜きの印象になりかねないので、全く利用していないという方は好印象になるコミュニティに入りましょう。

ここでも大切なのは、数や内容です。同じテーマのコミュニティを多数選択していると、趣味が偏っていると思われてマイナスイメージに。

また、ギャンブル、お酒に関する項目を選択すると将来性がないと敬遠されます。

好きでもないことを印象を良くするために選ぶ必要はありませんが、心配要素のないコミュニティを選んで安心していいねありがとうの流れに入れるように配慮しましょう。

ペアーズでは結婚歴など経歴を正直に書いた方がマッチングの質が高い

Pairs(ペアーズ)利用者の年齢層は20代〜30代前半がメインです。

結婚適齢期の男女が利用しているので、40代以上の男女は同世代の登録者自体が少ないのでマッチングの確率が低いです。

メイン層から外れた年齢でもっと効率的に出会いを探すのであれば、マッチングアプリを複数同時進行で利用したり、同世代の男女が出会える場所へ出向いて追加オプションで婚活する必要があります。

とはいえ、40代以上の男女も少数派で登録しているので、アプリ内で見つけたときお互いにヒットするような内容でプロフィール作りに力を入れてみましょう。

また、Pairs(ペアーズ)にはプロフィールに離婚歴・子供の有無の項目があります。

初婚・独身の相手を探している会員からは篩にかけられるので、マッチングの確率が低くなります。

今は離婚歴・子持ちに理解のある男女が多いので、そうした経歴があってもPairs(ペアーズ)で出会って再婚したというカップル報告も上がっています。

ただし、ネガティブな内容で、離婚歴・子持ちであることを文章に書くのは御法度です。

前向きに婚活している姿勢があれば、理解ある会員とマッチングの確率が上がるので注意しましょう。

ペアーズでマッチングしない原因は「積極的にいいね!orありがとうをしていない」

プロフィールが充実して準備が整ったら、次はいかに積極的に動けるかにかかっています。

理想の条件を明確にして的を絞って婚活するのは大切ですが、あまりに理想が高いとたくさん会員がいても一人も見つかりません。

顔がタイプじゃない、年収が低い、趣味が合わない等、選り好みする理由は様々ですが、本当の魅力は会ってからわかるものです。

いいね!が来た場合も同様で、せっかく相手が興味を持ってくれたのに、少しでも条件から外れているとスルー。

どちらもいつまで経ってもマッチングは成立しません。

生理的に受け付けられないという場合を除いて、プロフィール上での判断は寛容になってください。

タイプとは少し違うけれど、実際に会ったら素敵な人だったというケースは多くあります。

最初の入口は大きく広げて、いいねありがとうの総数を増やして出会いを獲得しましょう。

ペアーズでマッチングできないのは理由があります

Pairs(ペアーズ)でマッチングするのはそんなにハードルの高いことではありません。

プロフィールが充実する機能や、お互いの共通点を見つけられる機能が用意されています。

機能を活用していなかったり、消極的な活動がマッチングできない大きな原因です。

マッチングできない日々が続くのであれば、利用方法を見直してみましょう。

何一つ難しいことはなく、魅力が伝わるプロフィールを作り、積極的に行動をすれば良いのです。

Pairs(ペアーズ)は毎日約5,000人が新たに登録していて、平均4ヶ月で恋人ができるので、会員は日々入れ替わります。

出会いはタイミングが大事なので、いつ素敵な会員が現れても良いように入念に準備して、根気強く続けてくださいね。

マッチングできてからが本番です。

引き続き、会ってみたいと思われるような誠実なやりとりで確実な出会いに繋げていきましょう。