マッチ・メッセージ

Pairs(ペアーズ)はコミュニティ機能が恋活成功の鍵!おすすめや参加NGコミュニティも紹介!

Pairs(ペアーズ) コミュニティ

累計ユーザー数が1,000万人を突破したなど、国内マッチングアプリにおいて最大の実績を誇る「Pairs(ペアーズ)」。
今回の記事では、そんなPairs(ペアーズ)における「コミュニティ機能」の概要や使い方、おすすめのコミュニティやよくあるQ&Aについて、解説していきます!

Pairs(ペアーズ)のことを詳しく知らない人はこちらから!

Pairs(ペアーズ)にある「コミュニティ」とは?機能の概要やメリット、使い方を紹介!

国内マッチングアプリでは、圧倒的なユーザー数と知名度を誇る「Pairs(ペアーズ)」。
そんなPairs(ペアーズ)には、「コミュニティ機能」が備わっており、これはPairs(ペアーズ)で恋活や婚活の成功を加速させる重要なツールなのだとか。
しかし、Pairs(ペアーズ)初心者の方はとくに、「コミュニティって一体何?」「どう使えばいいの?」と思われる方も多いはず。

そこでここでは、Pairs(ペアーズ)におけるコミュニティ機能の概要やメリット、使い方などを簡単に解説していきます!

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能って何?メリットも簡単に紹介!

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能とは、簡単に言えば同じ趣味や価値観を持ったユーザーを探すことができる機能のことをいいます。

コミュニティに参加することによるメリットは、以下の3つです。

・自分の価値観や趣味に合った相手を見つけられる
・共感を生みいいねやマッチング率を上げることができる
・メッセージの際の話題づくりに役立てる

コミュニティに参加することで、共通の趣味や価値観を持ったユーザーとのマッチングしやすくなります。
僕もマッチングアプリをたくさん使ってきた中での経験上、マッチング率を上げるために必要なのは「共通点づくり」です。リアルとは違い、ネットという「顔が見えないという距離感」において、安心してやりとりをしてもらえるようになるためには、「共通点」という部分から入ることが一番スムーズなのです。
そうした意味で、Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能は、出会いを作る上でのきっかけ作りに非常に役立てることができるでしょう。

また、その中で自分のプロフィールを表示させることができるなどユーザーの目に触れる機会が増えることで、いいねをもらいやすくなったり、メッセージの交換時の話題作りにも使えるので、会話が弾んで関係性作りに役立てることができます。

さらに、こうしたキャンペーン時には、同じコミュニティに所属しているユーザーに対してメッセージ付きいいねを無料で送ることも可能になるのも、メリットの1つです。

Pairs(ペアーズ)のいいねの増やし方はこちら!

通常3ポイントかかるメッセージ付きいいねが無料になるのはかなりお得ですね!

コミュニティ機能があるPairs(ペアーズ)のダウンロードはこちら。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティの参加方法って?

トップページにある「コミュニティ」箇所にある「コミュニティを探す」をタップしましょう。

すると、コミュニティのカテゴリ一覧や、人気のコミュニティ、おすすめコミュニティなどが表示されるページに移動します。

ここから、自分の好きなコミュニティを探し、タップしましょう。

そのトップページに、「このコミュニティに参加する」というボタンがあるので、それをタップしましょう。
そうすると、参加を確認するボタンが出てくるので、「はい」を押せば、コミュニティへの参加が完了されます。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティの使い方は?

まず1つ目は、「コミュニティからアプローチする相手を選ぶ」という使い方です。

これは、「コミュニティを探す」をタップした先にあるページで、「自分が参加しているコミュニティ」という欄があるので、そこからユーザーを探したいコミュニティをタップします。

そうすると、僕は男性なので、そのコミュニティに参加していて、かつ自分と同じ地域にいる女性ユーザーが表示されるようになりました。
ここから、アプローチする相手を選んでいいねを押してアプローチする、というのが、1つ目のコミュニティ機能の使い方です。

2つ目は、検索ユーザーの参加コミュニティを調べ、相手の趣味嗜好や価値観を調べるという使い方です。

まず、検索画面から気になるユーザーをピックアップし、プロフィールページに飛びましょう。その下部に、「参加コミュニティ」と書かれた部分があるので、そこを見ると、相手がどんなコミュニティに参加しているのか、そして何件ほどのコミュニティに参加しているのかを調べることができます。

Pairs(ペアーズ)自体の使い方を知りたい人はこちら!

男女共通!Pairs(ペアーズ)で参加すべきコミュニティってどんなの?

共通点を作ることでマッチング率を高める効果や、話題作りにも役立てることができるPairs(ペアーズ)のコミュニティ機能。
そんなコミュニティ機能は、27個のジャンルに分けられているため、「一体どんなコミュニティに参加すればいいんだろう?」と悩まれる方も少なくはありません。

Pairs(ペアーズ)でコミュニティ機能を活用したいのであれば、以下5つのコミュニティに参加しておくといいでしょう。

・恋活・婚活に関わる恋愛系
・自分の価値観に関わる性格系
・自分の好みを伝える趣味嗜好・特技系
・私生活を伝えるライフスタイル系
・ペットがいる方は参加必須な動物系

恋活・婚活に関わる恋愛系コミュニティ

Pairs(ペアーズ)は恋活や婚活のためのマッチングアプリなので、恋愛に関わる価値観の一致はとても重要視されます。そのため、どんな相手がタイプなのか、恋人に対して自分はどう接するのかといった恋愛の価値観がわかるコミュニティに入っておくことは必須と言えるでしょう。

自分の価値観に関わる性格系コミュニティ

恋愛などの対人関係において、相手の恋愛観だけでなく、もともとの性格というのも非常に重要視されます。あなたがどんな性格なのか、自己判断と他己判断で把握できるものをピックアップし、参加しておくといいでしょう。

自分の好みを伝える趣味嗜好・特技系コミュニティ

僕がマッチングアプリを使ってきた経験上、恋活や婚活においては、共通の趣味がある相手とは関係の発展がしやすいという傾向はよく見られます。とくに話のネタにもなりやすいので、自分の趣味に該当するコミュニティには参加しておくとベターです。

私生活を伝えるライフスタイル系コミュニティ

とくに将来を共にするパートナーを探している場合、一緒にいる相手との恋愛観や性格だけでなく、生活の価値観の合致もかなり大切なポイント。あなたの生活感がわかるコミュニティに参加しておくことも、忘れないようにしましょう。

ペットがいる方は参加必須な動物系コミュニティ

人は動物が好きという人に対しては、なんだか感覚的に優しいイメージを持つ傾向があります。とくに「犬系」は参加ユーザー数もかなり多いので、アプローチ相手を探すのには最適だという点も含め、おすすめできます。

男女別!Pairs(ペアーズ)で参加はやめておいた方がいいコミュニティは?

参加がオススメできるコミュニティがある一方で、参加することでユーザーからの評価や印象を下げてしまうコミュニティがあることも事実です。
ここでは、そうした参加をオススメしないコミュニティについて、「男女共通編」「男性編」「女性編」に分けて、ご紹介したいと思います。

まずは、男女共通のおすすめできないコミュニティを見ていきましょう。

【男女共通編】
・高級ブランドや高級店系コミュニティ
・クラブ好きやEDM系コミュニティ
・外見・内面を含む〇〇な人限定コミュニティ

名高い高級ブランドのコミュニティや、フレンチレストランなどの高級店のコミュニティに入ることで、理想やプライドの高さをアピールすることになるので、おすすめできません。
クラブやEDM系も、遊んでいる印象を与えてしまいますし、「〇〇な人限定!」というコミュニティは、それ以外の人からのアプローチやマッチングを除いてしまうため、出会いの幅を狭めてしまうリスクもあるので、参加しないようにしましょう。

次に、男性編をご紹介していきます。

【男性編】
・ギャンブルなど自分の価値を下げる系コミュニティ
・喧嘩漫画や不良アピール系コミュニティ
・〇〇48などのアイドル系コミュニティ

やはりギャンブルは、女性からの印象が最悪になってしまうので、わざわざコミュニティに参加してまでアピールしなくてもいいのではないでしょうか。
また、不良アピール系コミュニティも、マイルドヤンキー感が拭えなく、「一緒にいて恥ずかしい相手かも」と思われ、いいねやマッチングを避けられる可能性が考えられます。
「〇〇48」「〇〇の坂46」といったアイドルグループのコミュニティについても、アイドルオタクは印象も良くないことから、控えておいた方がいいでしょう。

最後に、女性編をご紹介していきましょう。

【女性編】
・連絡マメじゃないアピール系コミュニティ
・体目的を寄せ付ける系コミュニティ
・コンプレックスを強調する系コミュニティ

連絡がマメじゃないことをアピールすることで、返信が遅くなっても大丈夫なように保険をかけているつもりかもしれませんが、逆効果。「出会いに発展しないのでは?」と感じられ、アプローチ数を減らす原因になります。

また、「グラマーだと言われる」などの体のパーツから性的嗜好を思わせるようなコミュニティも、ヤリモクを寄せ付けるだけなので参加は見送っておくと◎です。
「太ってても平気な人!」といったコンプレックス強調系コミュニティも、変に男性側の不安を煽るだけなので、参加しないようにしておきましょう。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能に関するQ&A集!

ここまでPairs(ペアーズ)のコミュニティにおける詳細を紹介していきましたが、なんとなく理解はできたでしょうか?
ただ、もしかすると細かい疑問は残っているかもしれませんので、ここではコミュニティ機能に対するよくある3つの疑問に答えていきたいと思います!

・コミュニティは最低でも何個くらい入っていればいい?
・参加ユーザー数よりも少なく表示されるのはなぜ?
・ログイン状況はコミュニティから見れる?

コミュニティは最低でも何個くらい入っていればいい?

コミュニティの参加個数は、最低でも15〜20個ほど参加しておくといいでしょう。

なぜかというと、プロフィール画面上の「参加コミュニティ」で一度に表示されるコミュニティ数が15個だからです。また、20個ほど参加することで、ユーザーはあなたがどういう人なのかを参加コミュニティを見るだけである程度知ることができます。

自己紹介文で書いたことを強調する、書けなかったことを補填するためにも、20個以上は参加しておくといいでしょう。

参加ユーザー数よりも少なく表示されるのはなぜ?

表示されている異性の参加ユーザー数よりも、表示されているユーザー数が少ないのは、そこにあなたがすでに繋がっているユーザーや、拒否しているユーザーが含まれているからです。

コミュニティでは基本的に、以下のユーザーは表示されません。

・すでに「いいね!」したユーザー
・Facebookの友達
・非表示を行ったユーザー
・ブロックを行ったユーザー

これらのユーザーを差し引いたユーザーが表示される仕様になっていることは、覚えておきましょう。

ログイン状況はコミュニティから見れる?

詳細を見ることはできませんが、ざっくりと「オンライン中」「オフライン中」を確認することは可能です。

各コミュニティページを開くと、この表に表示されます。

この時、赤枠部分を見た際に、緑になっているユーザーは「オンライン中」、黄色になっているユーザーは「オフライン中」であることが判断できます。
また、何も表示されていないユーザーは、「3日以上ログインしていないユーザー」と判断できるので、アプローチするのは控えておいた方が無難でしょう。

Pairs(ペアーズ)のコミュニティ機能を使えば恋活が加速する!ぜひ活用しよう♪

いかがでしたでしょうか?

Pairs(ペアーズ)では、コミュニティ機能を利用することで、自分が求める相手を探しやすくもなります。また、相手からも共通点を感じてもらえるので、いいね率やマッチング率アップも期待することができますよ!

Pairs(ペアーズ)で恋活・婚活を始めるなら、コミュニティへの参加は必須といっても過言ではありません!ぜひ、コミュニティ機能を利用して、素敵な恋をGETしてくださいね♪

 コミュニティ機能で人気のPairs(ペアーズ)のダウンロードはこちら。

ペアーズの全てがわかるサイトはこちら!

【2019年最新!!】Pairs(ペアーズ)以外の最優秀マッチングアプリ14選!!

【男性必見!!】男性向けにおすすめマッチングアプリを厳選しました。